NPO法人近畿キッズスポーツ推進協会 理事長の金井のブログです。
<< ★テストで満点をとった子を、なんと言ってほめますか | main | ★おだてて、何かやらせようとしていませんか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | - |
★こんなひと言も、子どもにとっては「ほめ言葉」になる
よくある質問のひとつが、「毎日叱るばっかりで、ほめるのは難しいのですがどうしたらいいですか?」というものです。どこが難しいですかと返すと、「だって、うちの子のほめるようなところって、そんなに見つからないのです」。
どうも、「ほめる」ことについて誤解があるようです。
学校中で一番になるとか、大きな賞をもらうとか、そういう結果を称賛するのが「ほめる」ことだと思ってしまっているのかもしれません。
そういうことではないのです。
たとえば今まで挙げたように、
「助かったよ」「やってくれて、ありがとう」「よかったね」「できたね」「頑張ったね」・・・いずれも、子どもの心にしっかり響くほめ言葉です。
ただちやほやと「えらい」「すごい」とほめそやされて育つ子どもよりも、あるいは人と比べて目立つような結果だけをほめられて育つ子どもよりも、ちょっとした行動や進歩をほめられて育つ子どものほうが、ずっと力がつきます。たとえば、誰かの役に立とうとしたこと、がんばったこと、勇気を出して挑戦したこと、前にやったときよりうまくいったこと、自分で考えて工夫してこと――そのような場面を親が認めて言葉にすることで、子どもの成長をしっかり後押しできるのです。
結果がうまくいかなかったときでも、
「そう、一生けんめいやったんだね」
と言ってあげられたとしたら、それはすばらしいことです。がんばれる子であり、お母さんと子どもとの信頼関係も存在している、ということだからです。
たとえば、ちょっとした遊びの中でも、
「へえ、そんなことができるんだね。お母さん、気づかなかった」
こんなふうに言われたら、子どもはうれしいのです。
この本では一般的な言い方に合わせて「ほめ言葉」と呼んでいますが、上手なほめ言葉とはつまり、子どもを励ます・勇気づける・力づける・・・そういう言葉なのです。

「助かった」「ありがとう」「がんばったね」が子どもを力づける


http://www.kids-sportsclub.com/
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | - | - |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kids-sports.jugem.jp/trackback/149
この記事に対するトラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SEARCH THIS BLOG